一時帰国に必要な事まとめ

一時帰国する際に必要なことをまとめ 海外在住者 携帯 WiFi モバイル 健康保険 チケット おみやげ クレジットカード 無料wifi simカード

一時帰国時も困らない。海外在住者のスマートフォンの選び方、日本と海外の電話番号を同時に使う方法

      2017/01/28

海外在住者にオススメのスマートフォン

海外赴任する際に悩ましいことの一つが、日本の携帯番号どうするかという事。あまり使っていない人は、維持にもお金がかかるのでやめてしまえば良いのですが、多くの人は日本の携帯番号を引き続き残して、海外の携帯番号も併用するパターンが多いと思います。

そうなると面倒なのが、海外でも携帯電話やスマートフォンを2台持たなければならない事や日本の携帯費用が多く掛かることだと思います。また日本で買ったスマートフォンは海外で使えなかったり、逆に海外で買ったスマートフォンが日本に一時帰国した時に使えなかったりすることもあります。

そこで、面倒なスマートフォンを2台持ちを解消する方法と日本の携帯番号を維持、料金を安く節約し、日本に一時帰国したときも困らない方法を紹介していきます。

smartphone-dsds-1

日本の番号と海外の番号を1台で同時待受ができるスマホ

日本の番号用のスマホと海外の番号用のスマホを2台待たなくて良い方法がありますので紹介いたします。基本的に日本で利用していた携帯電話やスマートフォンは海外で使えない、或いは色々と不便なことや面倒なことがあるので新しくスマートフォンを買うのが良いと思ってください。

ガラケーは海外の番号で使えない

まず、日本で使用している折り畳みの電話(通称 ガラケー)は、海外の番号に変更して使うことができません。携帯電話のシステム自体が海外と日本では違うので海外の番号をガラケーを使うのは不可能となっています。

新しいスマートフォンもロックが掛かっているとか海外で使えない

ドコモやau・ソフトバンクで買ったスマートフォン・iPhoneは、他社の番号や海外の番号で使えない様にSIMロックが掛けてあるので、そのままでは使えません。ドコモショップなどに行って有料でSIMロック解除する必要があります。また、日本のキャリアで販売しているスマートフォンは、電話番号が記録された「SIMカード」を一枚しか入れることが出来ないため、日本の番号か海外の電話番号を同時に使うことが出来ません。

デュアルSIM仕様のスマホなら2つの番号で同時待受可能

海外で販売されているスマートフォンや日本でドコモやau・ソフトバンク以外で販売されているスマートフォン(格安スマホ・SIMフリースマホ)の中には、デュアルSIM仕様と呼ばれる電話番号が記録された「SIMカード」を二枚入れることのできる機種があります。

デュアルSIM仕様のスマートフォンなら2つの電話番号で同時待ち受け(デュアルスタンバイ DSDS)出来る為、日本の番号と海外の電話番号を同時に利用できるようになります。

smartphone-dsds-3

海外にいるときは、海外の電話番号で電話利用とインターネットし、日本の電話番号は緊急連絡用として電話の待ち受けのみに使うといった形が可能です。

日本に一時帰国している際も同様に、日本の電話番号でインターネット通信と電話利用、海外の電話番号は仕事の連絡用といった使い方も可能です。

iPhoneは、一つの電話番号しか使えない

ドコモやau・ソフトバンクで買ってSIMロック解除したiPhoneやアップルストアで買えるSIMフリーのiPhoneは、海外や日本の携帯会社の電波周波数に広く適用しているので便利なのですが、SIMカードを一枚しか入れる事が出来ない為、同時待ち受けは不可能です。2つの電話番号を使う場合は、その都度SIMカードを入れ替えなければなりません。

 

デュアルSIM仕様でも日本で使える機種は限られている

smartphone-dsds-2

デュアルSIM仕様なら2つの電話番号が同時で使えますが、日本国内ではデュアルSIM仕様のスマートフォンでも使える機種は限られています。これは、海外の国々で広く使われている古い通信方式のGSM(2G)が日本では使われていないためです。デュアルSIM仕様のスマホの多くが最近の通信方式である「4GLTEか3G」と「GSM(2G)」の同時待ち受けする仕様となっています。

日本で同時待ち受けするためには、「4GLTEか3G」と「3G」が同時待ち受けできる機種を使う機種があります。

日本で販売されているSIMフリーの中で同時待ち受けできる機種は

ASUS ZenFone 3
ASUS ZenFone 3 Deluxe
Motorola Moto G4 Plus
Motorola Moto Z
Motorola Moto Z Play
ZTE BLADE V7 MAX
ZTE AXON 7
ZTE AXON 7 mini

などがあります。この中でも性能や価格、コストパフォーマンスが高いこと、ドコモとソフトバンクだけでなく、通信方式が特殊な「au」でも利用出来ることから、ASUS ZenFone 3 (エイスース ゼンフォン スリー)が、最もオススメです。単体でも販売していますし、格安SIM業者でもセット販売されています。

ZE520KL-BK32S3【税込】 エイスース SIMフリースマートフォン ZenFone 3(Qualcomm Snapdragon 625/メモリ 3GB)32GB【送料無料】

価格:42,950円

デザインが好みでは無い人はモトローラのMoto G4 Plusも良いでしょう。

Motorola(モトローラ) Moto G4 Plus SIMフリースマートフォン ブラック 【国内正規代理店】

新品価格
¥35,480から

 

また、海外ではこれらの機種以外にも「4GLTEか3G」と「3G」が同時待ち受け出来る機種が販売されていますが、海外で販売されている同時待ち受け可能な機種は、NTTドコモのプラスエリア(田舎や山間部)の周波数をカバーしていないので、日本で正規販売されている機種を購入するのがベストでしょう。

 

ドコモやau・ソフトバンクから格安SIMに変更して料金を節約

海外の番号と日本の番号を1台のスマートフォンで利用できて便利ですが、海外在住している場合は、日本の電話番号は緊急連絡用、または一時帰国している間だけという人がほとんどだと思います。使用頻度が低いのにドコモやau・ソフトバンクをそのまま利用していると高い月額料金を毎月支払いし続けるのはもったい無いですよね。

高い月額料金も最近話題の「楽天モバイル」や「IIJmioみおふぉん」などの格安SIMに変更すると一人あたり月額5000円以上も節約できる場合があります。海外赴任する人や海外在住の方は、赴任前や一時帰国中に格安SIMに変更することをオススメします。

smartphone-dsds-4

メリットとしては
・MNP(ナンバーポータビリティ)を利用すれば、ドコモなどで今まで使っていた電話番号がそのまま使える
・とにかく月額料金が安くなります。月額8000円以上支払っている人も多いと思いますが。月額料金2000円以下にすることも可能。
・格安SIMは、NTTドコモやauの回線を利用しているため、通話の品質や使えるエリアは全く同じです。今までどうりの電話が利用できます。

デメリットとしては
・キャリアのメールが使えなくなるのでGmailなど無料のメールに切り替える必要がある
・インターネット速度がドコモやau・ソフトバンクと比べて少し遅い。(ヘビーユーザーでない限り普通に使えます)
・安い料金を実現するためにインターネットでの契約が一般的、実店舗は少ない。

 

海外在住者に一番オススメの格安SIMは「楽天モバイル」

今、一番おすすめは「楽天モバイル」です。音声通話と低速ですがインターネット使い放題の付いた「通話SIM ベーシック」プランが月額1,250円です。海外駐在者や海外在住者が日本で電話番号を維持するのにもってこいのプランです。

一時帰国時にも、スマホでインターネットが使えますし、スマホのテザリング機能を使えばノートパソコンやタブレットでもインターネットすることが可能です。

楽天モバイルなら、前の項で述べた同時待ち受け可能なZenfone3とのセット販売も行われており、他の業者と比べて格安で手に入れる事が出来ます。音声通話できるプランの最安は月額1,250円ですが、一時帰国した際に結構インターネットを使うという人は3.1GB分の高速通信のついたプラン月額1600円にしておくのが良いかも知れません。

 

詳細はコチラから → 楽天モバイル Zenfone3もセットでお得

 

また、格安SIMはインターネットでの手続きが基本で実店舗は無いのが普通ですが、楽天モバイルなら、全国に実店舗があり設定など不安な場合もスマートフォンを持ち込んでサポートしてもらえるので、機械物に弱い人も安心です。



 

節約したい方は「DMMモバイル」が安くてオススメ

とにかく安いのが良いという方は「DMMモバイル」が業界でも最安値となります。音声通話ありの一番安いプランが月額1,140円、インターネット高速通信が1GB分ついたプランが月額1260円と安くなっています。

 

詳細はコチラから → DMMモバイル 業界最安値の格安SIM

 

ブランド名に抵抗がある人が多いと思いますが、インターネット技術には定評のある会社の「IIJmioみおふぉん」と同じシステムを使っているので運営面での不安はありません。「IIJmio」自身もサービスを提供していますが、DMMモバイルよりも価格は少しだけ高くなっています。



 

 - 一時帰国, 海外在住者にオススメのスマホ

  関連記事

一時帰国時に便利、飛行機内でスマホのSIMカードが買える! 「Japan Travel SIM powered by IIJmio」

飛行機の中でSIMカードが買える! 一時帰国する際、便利なサービスが発表されまし …

一時帰国中の国民健康保険への加入について

  原則として短期間しか日本に滞在しない場合は健康保険への加入は不可 …

一時帰国の海外在住者は、日本人でも該当品の買い物は消費税が免税に

日本人でも日本での買い物が免税になる 海外在住の日本人が一時帰国する際、一定の条 …

海外在住者が日本の動画サービスを視聴する方法

海外在住で困ること 日本で契約して視聴していたhulu(フールー)やGyaO!( …

一時帰国時の運転免許の更新

一時帰国時の運転免許の更新(住民票が日本にある場合) 海外在住でも住民票が日本に …

一時帰国して本格的に海外へ引越しをするための準備をする

  本格的に海外に引越しをする 最初に単身で海外赴任していて仕事が落ち着いてから …

在外邦人の一時帰国時の日本国内移動について 予約サイトまとめ

一時帰国時の移動について 海外から成田空港、関西空港、セントレア空港まで帰ってき …

日本に 一時帰国 している間の WiFiルーター プリペイドsimカード の選び方まとめ

一時帰国中にインターネットをするには 海外在住の人が日本に一時帰国している間、一 …

冬の一時帰国時に食べたい物は「カニ」、オススメのカニ通販を紹介 2017

  一時帰国時に食べたい物は? 一時帰国したときは、やはり日本の食を堪 …

日本へ一時帰国時に便利な無料WiFi、インターネットスポットを紹介

  最近、日本でも増えてきた無料WiFiスポット、フリーWiFi 海外 …