一時帰国に必要な事まとめ

一時帰国する際に必要なことをまとめ 海外在住者 携帯 WiFi モバイル 健康保険 チケット おみやげ クレジットカード 無料wifi simカード

一時帰国して本格的に海外へ引越しをするための準備をする

      2019/09/14

 

本格的に海外に引越しをする

最初に単身で海外赴任していて仕事が落ち着いてから家族を呼び寄せる場合や時間がなくて海外から引越の手配をしなければならない場合もあると思います。

引越業者も多数ありますが、海外対応している引越業者を探すのは、大変ですし、見つけても料金がとても高かったりします。また帰国中は用事や仕事がたくさんあるので、日本に一時帰国する前に業者の選定をしておきたいものです。

 

最初に持っていく荷物・持っていかない荷物を決める

最初に日本に残すものと海外に絶対にもっていかなければならない荷物を決めるのが重要です。荷物が多いと引越しの費用も高くなりますし、国によっては課税対象になる物もあるので余計な荷物を持っていかないにようにしましょう。残す荷物は、実家に送ったり、実家が無理であればトランクルームを借りて収納する手もあります。

 

水道・電気・ガスの使用停止手続きをする

引越し前に水・電気・ガスのライフラインの使用停止手続きをしなければなりません。引越し一週間前には手続きしておくようにしましょう。

水道の場合は、地域によって方法が異なりますが、電話で停止することが出来ます。その際、水道局から送られてくる領収書に固有のお客様番号が書かれているので、それを用意しておくとスムーズに手続きが済みます。

電気の利用を止めるのは、電話での手続きやインターネットでホームページから利用停止出来る場合があります。

ガスの利用を止める場合、都市ガスやプロパンガスを使っている場合など異なりますが、電話連絡するのが基本となります。ガスを閉栓する場合は、立ち合いが必要な場合があるので早めに連絡しておきましょう。

 

海外引越可能な業者の見積もりが一括で出来る

「引越し比較ガイド」というサイトがあり、海外への引越しの見積もりが最大で10社、一括で出来ます。海外専用の検索ボタンがあり、一括で検索することができますので、単身での赴任や家族で引越しするので大荷物となる場合など、条件にぴったりの引越業者をさがすことが出来ます。

 

海外への引越し費用が一括で出来る「引越し比較ガイド」

 

最短1分のカンタンな情報入力だけで、簡単な入力で引越業者の見積もりを知ることが出来ます。またキャンペーン中なら「最大10万円キャッシュバック」や「クオカード」が当たる場合があるので、見積もり依頼をしてみる事をオススメします。

残す荷物を実家に送る場合も、見積もりを同時にしておくのが良いでしょう。

 

外国では、電圧やコンセントの形状が違うので使えない家電がある

海外では、コンセントの形状が日本と異なる国が大部分です。また電圧も異なる場合があります。この場合、日本で使っている電気製品は使えないですし、電圧が対応していない製品を使いつづけていたら、故障したり、発火したりして大変危険です。

そういった場合は、家電製品は、人にあげたり、トランクルームに預けて置いたり、店やオークションで売ったりすることになりますが、何かと面倒です。

家電を売る時に便利なサイトが家電専門の買取店であるこのサイトです。

【買取専門店】家電高く売れるドットコム

家電だけでなくフィギュアや楽器などの商品も買い取ってくれますので便利です。買取の方法も【宅配買取】【店頭買取】【出張買取】などが可能で、インターネットでは24時間無料です。

 

家具など大きい物はトランクルームで保管

海外のマンションや家、コンドミニアムなどは、家具や机が備え付けの場合が多いですが、その場合、日本から家具を持っていく必要がなくなります。家電などと違って、家具や机は思い入れがあるものが多いと思いますので、気軽に売ったりすることは、出来ないと思いますし、実家等に預けるのも大きいので、頼むことはできません。

そこで便利なのが、トランクルームです。気軽に出し入れも可能ですし、空調管理がしっかりしているトランクルームもありますので、木製品などの保管も安心です。

海外赴任中に自宅を面倒なトラブルなしで貸し出す

海外赴任中に自宅やマンションを貸し出して賃料を稼ぎたいと思っている人も多いはず。しかし入居者を探したりトラブルがあった場合の処理など面倒な事が予想されるので、結局、留守宅のままという人もいると思います。

「リロの留守宅管理」に任せれば、想定される面倒な事を全て代行してくれます。「リロの留守宅管理」のサイトで、簡単な入力で賃料がわかるので、まずは査定してみてから考えて見るのも良いでしょう。

【リロの留守宅管理】で賃料を簡単に査定してみる

リロの留守宅管理の任せるメリットとしては以下のことが挙げられます。

・リログループは、海外赴任サポートなど法人相手の取引をしている事から、入居者の多くは大手企業の社員の方で安心して大切な自宅を貸し出すことができます。
・3,000店舗を持つ国内最大級の不動産ネットワークで素早く入居者を探しだし、早期の賃料収入を実現。
・交渉はすべてリロケーション・インターナショナルが行うので、入居者との面倒な契約やトラブル対応はお任せです。
・急に帰任が決定した場合も一般的な解約通知は、6か月ですがリロの留守宅管理は、3か月前に解約通知をすることができます。
・賃貸期間中は、修理やメンテナンスで必要になった修繕費などはリロの留守宅管理が負担するので、家が良い状態で戻ってくるので安心です。

 

自宅を売却する場合、メールで無料査定可能

海外に永住してしまう場合、日本の自宅やマンションを売却することになりますが、日本に一時帰国する前に海外からメールで売却相談や無料査定することも可能です。



 - 一時帰国, 海外への引越し

  関連記事

海外在住者には問題が山積み? マイナンバー制度で困る事 【一時帰国】

マイナンバーとは マイナンバー制度(国民総背番号制)とは、簡単に言うと日本に在住 …

海外赴任で車売却、一時帰国時にはカーシェアリング(レンタカー)が便利

海外赴任中の車はどうする?一時帰国時はどうする? 海外赴任中でも一時帰国時に使う …

一時帰国時に便利、飛行機内でスマホのSIMカードが買える! 「Japan Travel SIM powered by IIJmio」

飛行機の中でSIMカードが買える! 一時帰国する際、便利なサービスが発表されまし …

一時帰国する時のお土産はどうする? 買う時間ない時や数が足りない時は、こうしています。

  一時帰国のお土産はどうしますか? 日本へ一時帰国時するときや海外旅 …

一時帰国の海外在住者は、日本人でも該当品の買い物は消費税が免税に

日本人でも日本での買い物が免税になる 海外在住の日本人が一時帰国する際、一定の条 …

海外在住者が日本の動画サービスを視聴する方法

海外在住で困ること 日本で契約して視聴していたhulu(フールー)やGyaO!( …

一時帰国時のホテル等の滞在先確保をタイプ別にまとめました 【ホテル予約】

一時帰国時どこに滞在しますか? 海外在住者が、一時帰国する際に、日本に自分の持家 …

帰国を考える。転職を考える。海外経験は有利なのかを知る。【一時帰国】

一時帰国ではなく転職を考える 海外での生活が嫌気がさして日本に一時帰国するのでは …

日本へ一時帰国時に便利な無料WiFi、インターネットスポットを紹介

  最近、日本でも増えてきた無料WiFiスポット、フリーWiFi 海外 …

一時帰国時の運転免許の更新

一時帰国時の運転免許の更新(住民票が日本にある場合) 海外在住でも住民票が日本に …